麺とパン、ときどきカレーとお菓子【東京近郊たべあるき】

東京近郊を中心にラーメン、うどんといった麺類やカレーを中心とした「B級グルメ」、パン、お菓子などを中心に紹介していきます。

リーズナブルに神戸牛を家族でゆったりと堪能「神戸牛 吉祥吉 本店」

せっかくの旅行なので神戸牛を食べたいと思い、いろいろ調べたところ「吉祥吉グループ」がリーズナブルに神戸牛を食べられるとのことでした。

系列店が多く、どこか入店できると高をくくっていたところ、どのお店も予約や早めの入店者で満席でした。

4店くらい回って諦めかけていたところ、まさかの本店に入店できました。
サンプルで肉の大きさを教えてくれるので親切です。

f:id:men-to-pan:20240401131229j:image

極上赤みのセットは3900円。ランチはご飯や味噌汁、サラダや香の物のセットが無料。

極上はモモ肉でも、よりジューシーとのこと。実際、食べ比べると極上と普通の赤身はジューシーさが違いました。

かぶ、とうもろこしのフリット、菜の花、タケノコ、里芋と、付き合わせも豪華。

フランス産の塩、醤油、ワサビ、ジュレで肉を味わいます。

f:id:men-to-pan:20240401131233j:image

2900円のセットの赤身肉はサッパリしており、こちらが好きな人も多いと思います。

f:id:men-to-pan:20240401131236j:image

色とりどりな野菜のサラダ付き。

お店で、但馬牛の厳選されたものを神戸牛ということも初めて知りました。

ドリンクもワイングラス700円と、ドリンクもリーズナブルです。

広々と雰囲気のある店内でジャズが流れ、ゆったりできました。
子連れ可能なのもありがたかったです。
系列店では割安なメニューもありましたが、こちらでは最低価格で2900円のセットなので、その点だけ注意が必要です。

神戸牛 吉祥吉 本店すき焼き / 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅
昼総合点★★★★ 4.5

『ビゴさんのフランスパン物語』を読んで一度は訪れたかった「ドンク 三宮本店」

『ビゴさんのフランスパン物語』を読んで、神戸に行ったら一度は訪れたかったお店が「ドンク 三宮本店」です。

本の主人公である、日本にフランスパン文化を広めたフィリップ・ビゴ氏が働いていたお店です。

モーニングが食べられるとのことで、念願かなって来店できました。

f:id:men-to-pan:20240401094235j:image

カスクートは704円。サラダとドリンク付き。

サクッとしたフランスパンにハムとレタスとシンプルながら、毎日食べたいような味わい。

ドンクは東京にも多数お店がありますし、おいしいフランスパンのお店もたくさんありますが、ここから始まったと思うと感慨深いです。

旅先の最高のモーニングになりました。

ドンク 三宮本店パン / 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)元町駅(JR)
夜総合点★★★★★ 5.0

秘密のケンミンSHOWで知ったそば飯を神戸駅周辺で気軽に味わえる「長田本庄軒 神戸ハーバーランドumie店」

神戸名物のそば飯をTV番組「秘密のケンミンSHOW」で知り、訪れたときはぜひ食べたいと思っていましたが、意外に神戸駅周辺ではお店が見つかりませんでした。

そんななか、神戸発祥のトリドール系列のお店(丸亀製麺所など)で、「長田本庄軒 神戸ハーバーランドumie店」に行きました。

昔は東京の立川駅構内にもお店があり、オムそばがおいしかった記憶がありますが、今では大阪と兵庫の4店舗のみみたいです。

フードコートですが、それぞれ目の前で仕上げてくれます。
子連れの場合は、むしろフードコードは歓迎です。

f:id:men-to-pan:20240401223007j:image

そば飯大は1111円。細かく刻んだ焼きそばと、ご飯の炭水化物のコラボ。

ぼっかけとは、牛すじとこんにゃくの甘辛煮込みとのこと。
焼き飯と焼きそばのいいとこどりで、予想以上で大満足です。

お酒が合いそうですが、ホテルまで我慢しました。

f:id:men-to-pan:20240401223013j:image

ぼっかけ焼きそばは759円。こちらはイカをトッピングしました。
濃厚で旨味のあるソースとモチッとした麺がたまりません。

並でも結構な量です。

f:id:men-to-pan:20240401222952j:image

ホルモン焼きそばは1089円。少し辛めの味付けでスパイシー。ホルモン好きにはたまりません。

家族で観光に来た場合、ハーバーランドアンパンマンミュージアムで遊んだあと、このumieというショッピングモールで休むのもありかもしれません。

東京にも再出店してほしいです。

長田本庄軒 神戸ハーバーランドumie店焼きそば / ハーバーランド駅神戸駅西元町駅
夜総合点★★★★ 4.0

子連れ観光で串カツ「新世界串カツ いっとく 大阪駅前第1ビル店」

東京から子連れで観光に来たところ、インバウンドのためか、とにかくお店が混んでおり夕食難民になってしまいました。

子どもがいると30分以上待つといったこともできませんし、いろいろ検索して「新世界串カツ いっとく 大阪駅前第1ビル店」へ。

f:id:men-to-pan:20240331200734j:image

10本セットに紅生姜やイワシなど追加しました。

コロナ禍以降、「金属のバットにソースを入れて二度づけ禁止」ではなく、ソースをかけるスタイルが主流になったそうです。

ホルモン焼きなど、サイドメニューも豊富です。

東京の串カツチェーン店といえば、「でんがな」と「田中」ですが、それらのお店よりもあっさりしていて、胃にもたれないと思いました。

お通しはキャベツ。

混んでいた時間帯だったため結構待ったので、混み具合をみて、まとめて早めに注文したほうがいいかもしれません。

それにしても、大阪第1ビルから第4ビルまであるのですが、境目がわかりにくく、地下1階にいると思いきや地下2階を彷徨ってしまい、お店を見つけるのが大変でした。
観光客の方は注意したほうがいいかもしれません。

新世界串カツ いっとく 大阪駅前第1ビル店居酒屋 / 北新地駅西梅田駅大阪梅田駅(阪神)
夜総合点★★★☆☆ 3.5

東京から本場のきつねうどんを食べに「道頓堀 今井 本店」

東京から大阪へコロナ禍ぶりに訪れました。

まずはきつねうどんの名店「道頓堀 今井 本店」へ。昼時なので混んでおり、20分くらい並んで入店しました。

f:id:men-to-pan:20240331133604j:image

きつねうどんとささ巻きずしは1350円。

ダシは少し甘めで上品だがコクがあります。
大ぶりのお揚げはダシが染みており、上品かつ食べ応えがありました。

うどんは丸い形で、柔らか目。

九条ネギがパリッとした食感で、いいアクセントになったいます。
七味唐辛子をかけると、山椒も相まってシャープな味わいになりました。

ささ巻きずし鯛の寿司で、酸味抑えめでプリッとした鯛の食感を堪能できます。
山椒の葉が挟まっており、ほんのりピリッとします。

f:id:men-to-pan:20240331133610j:image

きつねうどんと豆御飯は1400円。

サイドメニューも凝っており、セットにしてよかったと思いました。

f:id:men-to-pan:20240331134821j:image

わらび餅付き。

あまり食べたことはないのですが、崩れそうなくらいのプルッとした食感はクセになりそうです。

席は広々としており、子連れの方でもゆったりできると思います。

新大阪駅の新幹線改札内のフードコートにもお店があるので、食べ損ねた方はそちらでも食べることができますが、当然、味や器、雰囲気など違います。

道頓堀 今井 本店うどん / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅
昼総合点★★★★ 4.5

ゆりかもめ搭乗前後にサッと食べられる至福のカレー「カリカル 新橋本店」

新橋からゆりかもめに乗る機会があり、乗り換え前にサッとおいしいものを食べたいと思い「カリカル 新橋本店」で昼食をとりました。

駅そばで食べログ百名店とのことで、気になっていたお店です。

f:id:men-to-pan:20231208130403j:image

印度カツカレーは1130円。

メニューがたくさんあり迷いましたが、一番人気とのことでこちらをチョイス。

カレーレードルでルーが提供されます。このスタイルは久々です。

口に入れるととにかく辛く、スパイス感満載です。
辛いのがダメな人は欧風カレーがいいかもしれません。

ルーはウスターソースなどに近い感じで、東京駅のインディアンカレーに近い印象です。

カウンター上のウスターソースをかけると、辛さが少しマイルドになります。

サクサクのチキンカツはボリュームもあります。
卓上のウスターソースをかけてよし、ルーをかけてもよしです。

ライスの量はレギュラーサイズにしましたが、ルーがそれなりあるので半ライスプラスでもいけるかもしれません。ただ、カツだと結構なボリュームなので注意が必要です。

福神漬けと卓上にフライドオニオンが常備されています。

お店は活気のある感じで、人気店ながら回転率が早いのでありがたいです。昼時でもすぐに食べることができました。

席はキッチンを囲むカウンターです。PayPayやSuicaも使えたのでありがたいです。

カリカル 新橋本店カレー / 新橋駅汐留駅内幸町駅
昼総合点★★★★ 4.5

中央線で一番有名な地酒酒場「荻窪いちべえ」

荻窪の「いちべえ」は日本酒の取り揃えが屈指で、ちゅ応戦の地酒酒場として有名ですが、一時期は閉店していました。

久々に荻窪に行く機会があったので検索してみると、南口ではなく北口で再開されているとのことで、来訪しました。

f:id:men-to-pan:20240216160920j:image

相変わらず初めて目にする地酒も多く、若い頃は十四代黒龍をここで知りました。
中年になっても、新政をここで初めて飲むなど、思い出が多いです。

f:id:men-to-pan:20240216160931j:image

いろいろと飲んでしまいました。

f:id:men-to-pan:20240216160943j:image

突き出しもお酒に合います。

日本酒好きの方と飲みましょうとなると、ここになることが多いです。
希少な日本酒だとそこそこお値段はしますが、日本酒が好きな方は、ぜひ一度訪れてみることをオススメします。

移転前のように座敷はありませんが、間隔が広めなテーブル席なのでくつろげます。
ただ、大人数はむずかしいかもしれません。

若い頃に背伸びをして人を連れて来たことが懐かしいです。

荻窪いちべえ居酒屋 / 荻窪駅
夜総合点★★★★ 4.5